低公害車とは

低公害車とガソリンの関係性

ガソリンや軽油などの石油燃料を用いた自動車は、走行する際に窒素酸化物や黒鉛といった有害物質を排出ガスとして大気中に放出するため、地球温暖化や大気汚染の元凶になりやすいという欠点があります。
こうした有害物質を含む排出ガスが少なくなるように工夫した自動車が、低公害車とよばれているもので、最近注目をあつめています。
これらのなかまとしては、天然ガスを燃料とする天然ガス自動車、水素を燃料とする水素自動車、ガソリンと電気の切り替えで動くハイブリッド車、電気を動力とする電気自動車などがあり、基本的にはガソリンを燃料とする従来の方式からは一変して、燃料そのものを他の方式に置き換えたものということができます。
また、最近では家庭から排出される廃食用油や菜の花などの食べられない植物を原料としてバイオエタノールを生成し、そのバイオエタノールを燃料として走るバイオエタノール車なども登場しており、多分に実験的な試みではありますが、地域住民の協力を得て自治体の公用車などとして利用されている事例もあります。
このように、これまでに多種多様な自動車が開発されているところですが、技術面とあわせて、全国への燃料スタンドの配置などの走行環境の整備、量産にあたっての価格の安定化といった、ソフト面での課題を克服することが必要になっています。