低公害車とは

まず、ガソリン車と比較すると熱効率が優っているため燃費がよく、CO2の排出量が少ないです。CO2の排出量が少なければ地球温暖化の抑制につながります。
次に車の排気ガス関連が大幅に見直されたことが挙げられます。従来のディーゼル車の排気ガスには黒煙や窒素酸化物が多く含まれていて、大気汚染の原因のひとつと考えられていました。しかし、コモンレール式という燃料噴射装置を採用したことで黒煙や窒素酸化物を減らすことに成功しました。また、黒煙を取り込んだ後に燃やして除去することを可能にした黒煙除去フィルターも開発されました。さらに、メーカーによって異なりますが、窒素酸化物を減らす工夫もなされました。窒素酸化物が出にくいエンジンの開発、アンモニア使用による無害化、窒素酸化物吸蔵還元触媒による水や水素への転換がなされました。エンジンにターボを取り付けるようになったことも環境保全に貢献しています。ターボエンジンにより走行時の燃費が向上し、排出ガスの量も減りました。そして、燃料となる軽油自体も2007年から硫黄を低減した軽油に切り替わりました。
こうして、クリーンディーゼル車はCO2や有害物質の排出を少なくすることに成功し、環境に優しい車となったのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。