低公害車とは

自動車税とガソリン代は自動車を維持する上で必ず発生する費用ですので、誰もが少しでも出費を抑えたいと考えるでしょう。特にガソリン代は毎月の家計の負担となりますので、これを抑えるために少しでも燃費性能がいい自動車の購入を検討すると思います。燃費性能がいい自動車は大部分がエコカー減税の対象車であることが多く、ガソリン代だけではなく自動車税の負担も抑えることができます。
エコカーの主流となってきているハイブリット車はガソリンを使ったエンジンと電気で動くモーターの2つを動力源とする自動車のことで、モーターのみで走行したり、エンジンの出力をモーターで補助することで燃費性能を向上させていますが、あくまでもエンジンを基本として走行する自動車です。
このハイブリッド技術をさらに電気自動車に近いものへ昇華させたものがプラグインハイブリッド車です。プラグインとは電源プラグを用いて充電することができるという意味で、プラグインハイブリッド車は家庭の電源からでも充電することができます。充電がある間はモーターのみで走行して充電がなくなるとエンジンとモーターの2つで走行します。モーターのみで走行する間はガソリンを消費しないだけではなく、CO2も排出しないため環境にも優しい構造になっています。ただし、あまり大きなバッテリーを積載できないためモーターのみで走行できる距離は限られています。

コメント

コメントを受け付けておりません。