低公害車とは

エコな車として注目されているのが燃料電池自動車です。燃料電池車で使われている水素は燃料電池車の他に一般のエンジンでも燃焼させようとする試みも行われています。燃料電池車の場合、水素を反応させて電気を起こしてモーターで走ります。そのため、水素を作る際のCO2の問題はありますが、走行に関してはCO20が実現しています。また、バッテリーの進化もあり、かなりの減量が進み、車両価格も1000万円を切る物が多くなっています。ただし、水素を充填する水素ステーションがまだまだ足りないことが検討材料となっています。また、水素を直接燃やす自動車も開発が進んでおり、マツダのRX8は市販もされていました。現在主流となっているハイブリッド車やプラグイン・ハイブリッド車ではモーターは走行の補助でしかありませんが、燃料電池車がさらに普及してくれば価格も下がり、ハイブリッド車と同程度の価格帯で販売できる日がくると期待されています。水素を扱うということでボンベの耐久性が問題となることもありますが、ガソリンタンクとほぼ同じ強度が実現されており、重さも、材料の樹脂が開発されたことで軽量化され、燃料電池車の低価格化にも貢献しています。

コメント

コメントを受け付けておりません。